あしやまとのアルル-マルセイユ


フランスの生活、フランス菓子の話。日々感じたことを気儘に綴ります。
by montlivre76
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近のフランス語力・・・

外を歩いていると一言、二言かわすことが多くなってきたように思います。
顔見知りのご近所さん、ふとしたことをきっかけになぜか会えば話かけてくれるおじさん。
よくすれ違う子ども連れのおとうさんおかあさん。
僕はそんなに喋れないのですが、ちょっとした会話を交わす程度は喋れるようになってきたのかな?なんて思ってみたり。また、そうやって会う人たちが増えてきてるのはやっぱり嬉しいですよね。
それでも、まだまだまだまだしっかり喋れていません。文法なんて関係なしの単語を並べて意思を伝えるやり方・・・。そして少ない単語力、ボキャブラリー・・・。
少し会話できるようなったっていっても、まだまだまだまだ・・・・。
もっとがんばらないとね。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-25 13:31

Cours de short cake

ショートケーキの講習会をしました。
スポンジ生地が膨らまない、生クリームが泡立たない。そんな話をよく聞きます。
フランスの生クリームは脂肪分が少ないので泡立ちにくいのですが、それでもクリームの温度管理をしっかりしていれば大丈夫。脂肪分30パーセントでもちゃんと泡立ちます。
が、今回は35パーセントの生クリームを使用。
教えながらの作業性を考えると無難ですし、しっかり泡立ちます。それに脂肪分の違いも説明できます。
35パーセントのクリームを売っているお店は見つかりにくいのですが、家の近くのスーパーに売っているので持って行きました。

失敗の原因となりそうなポイントを説明しながら進めていきます。
スポンジ生地がちゃんとふっくらした物ができると90パーセントはもう成功しています。
クリームのサンドだったりデコレーションだったり、僕はそんなに重要視していません。
ショコラの生地を前日に用意して、ショコラのクリームを作り仕上げながら説明。
そのあとみんなに1台仕上げてもらいました。
b0191284_12482035.jpg


わかりやすい!と言われ、みんな喜んでいたので、やってよかったなーと思います。
あとは各自好きなように作ってみてください!
その時の報告、楽しみですね。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-22 12:52

Démonstration de weiss

weissの講習会に行ってきました。
今までweissのショコラは使ったことがありません。
職場の人たちと一緒に、仕事が終わると直行。

結果から先に言うと、いまいちだったんですよね。
説明してくれている話が半分くらいしか解ってなかったっていうのもあるのかもしれませんが、4つメニューがあって、ブッシュ2つ、タルト1つ。いちばん見たかった、食べてみたかったボンボンショコラは説明だけ・・・。
なんだかがっかりした講習会だったけど、ショコラはよかったかな。
valrhonaとはまた違う味わいがありますね。
うちの店のショコラはvalrhonaだけなんですが、今回の講習会は学校からの招待で行くことになりました。
b0191284_1245589.jpg

b0191284_129158.jpg

b0191284_12113662.jpg
b0191284_12244881.jpg

職場の人たちと行ってみんなでいろんなことを言いあうのはいいことですよね。
そういう意味ではとてもよかったと思います(笑)。

おそらく、ボンボンショコラがせめて試食でもあればもう少し違う印象になってたかも・・・?
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-18 12:33

しんがお

今の店で僕が働き始めてすぐに、一週間だけ日本人と一緒に働きました。
マルセイユから近いエクサンプロヴァンスで働いていた彼ですが、帰国の前にうちの店で一週間だけスタージュをして帰りました。
とても忙しい時だったのでほんとに助かりました。
何かの折にふれる度、シェフとは今でもそのことを話しています。

さて、それから3年。日本人と働く機会もなく、フランス人の中で僕のフランス語がなかなか通じないもどかしさを感じながらやってきましたが、明日から日本人と一緒に働きます!言葉通じます!
少し前にシェフから日本人を探してほしいというお願いもあり日本の知り合いに尋ねたところ、タイミングよく仕事を探している人がいるという事でした。
常々思うのですが、何事もタイミングってあるんですよね。
今までも今回のように日本人を募集したことがありました。でも、結局タイミングが合わずに一緒に働く機会はなかったのですが、今回はほんとにすぐに決まって、嬉しい限りです。

そんな時、彼が来ると決まってすぐ後にお店に手紙とCV(履歴書)が送られてきました。
日本人が送ってきたのは初めてじゃないかと思います。
パトロンは、「今度来るのはこの人なの?」って聞いてきましたが、名前も違うし年齢も違う。
もし、まだ誰も見つかっていなければこの彼の可能性もあったのかもしれませんね。
ほんとにタイミングですよね。

うちの店、マルセイユはもちろんですが、最近では南仏あたりではそれなりに知られてきましたが、シェフはMOFでもないですし、ルレ・デセールの会員でもないので、日本では知られていません。僕の友達、知り合いくらいなら知っているお店(笑)。
この前、韓国の雑誌をもってきて、「韓国語わかるか?」なんて言われて見せてもらった雑誌に載っていました。日本はまだだけどね、なんて言って笑っていましたが、日本の雑誌に載る日も近いかな?
そんなお店にCVが届くようになったのは、働く側としてもうれしいです。

さあ、これからどんな職場になっていくのでしょう。
楽しみでもあります。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-15 13:07

slow food

パティシエや料理人で、マルセイユで働いているという人になかなか会いません。
パリと比べるとはるかに少ない同業者。有名レストラン(マルセイユにもあるんですよ、星付き)で働いているという話は聞きますが、実際に会ったのは1人だけ。
コミュニティなんてないですし、もっといるのかもしれませんが会う機会がありません。
そんな中、マルセイユの領事館で働く料理人が僕の働く店に来てくれたのは今年の始めくらいかな?
やっぱり同業者と話をするのって楽しいですもんね。

その公邸料理人の彼がスローフードなソワレに招待してくれました。
そんな大げさなものではなくて、一緒にご飯を食べるだけなんですが、テーマが「スローフード」
彼の自家菜園で採れた野菜を使い手間暇かけて料理を作り、集まったみんなも一緒にちょっと料理に参加する、といった内容。
b0191284_1453220.jpg

b0191284_1475941.jpg

b0191284_1493753.jpg

b0191284_14131051.jpg

b0191284_14155011.jpg

b0191284_14173341.jpg

生パスタを用意してくれていて、それをみんなでパスタマシンでのしました。
畑で採れたトマトを使ったトマトソース。
緑色のソースはなんと紫蘇!を使ったジェノヴェーゼならぬジャポネーゼ。
紫蘇も彼の畑で栽培してます。うらやましい~。
デザートも用意してくれていました。
お皿の絵もかわいくて写真を撮ってみました。
最近、レストランとかで絵皿があまり使われていないのではないかと思います。
それもなんだかさみしく感じますね。
白で統一、ガラスのお皿もいいですが、絵皿の楽しみもありますよね。

知り合ったころと比べると、彼の料理、盛り付けや味の構成なんか、少し変わってきたんじゃないかと思います。僕は最近の彼の料理、いいなぁとおもいます。
まあ、料理に関しては僕は何も言いませんが、デザートとなるとやっぱり何かアドバイスなりコメントなりしようかな、と、頑張っている彼を応援してます。
紫蘇のデザートおしえてあげようかな?(笑)

楽しく美味しいソワレ。
スローフードはなんたるかということは抜きで、それぞれが思うスローフードを楽しむ。
それが食の楽しみですよね。
そしてまた開催されることを願って。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-11 14:48

ふと思う。

全くマルセイユともパティスリーともフランスとも関係のない話なんですが・・・。

ふとfacebookを見ているとちょっと気になるニュース。
岡山県のある高校の普通科で農業実習をとりいれて行っている、ということらしい。
ふ~ん、いいんじゃない。などとと何気なく見ていたのですが、あれ、僕ら普通にそんなんやってたよな、あ、普通科違うな、専門科だった・・・。農業高校(昔はね)だったなぁ。
でも普通科の人はそんな実習やってなかったなぁ。(当たり前ですよね)
じゃあ、その実習をやることによって何かの科目の時間を削ってるってことなんだろうか?
農業実習や製造実習なんて普通にやってたし、もちろんその専門の授業もやってたので、普通科の人に比べると国語、英語、数学、理科、社会、なんていうものはもっと少ない時間ってことになるなぁ。
高校3年の間でどこまでがその科目の必須項目なのかはわかりませんが、当時の自分はもちろんそんなこと考えたこともありません。
なるほどねぇ、勉強できなくて当たり前、なんて前向き(?)にとらえてみたり・・・。
大学へ行くことなんてまったくもって考えたこともなかったし、お菓子屋さんになりたいけどどうしたらいいのかもわからなかったですし、じゃあ専門学校へ行け!なんて担任に言われて初めてそんな学校があることを知った日。。。

ちょっと高校時代に対するふとした疑問から思いを馳せてみました。
ちなみに僕が通っていた高校、農業高校だったのは僕の父親の世代のころ。
今は違います。その名残はもちろんありますが。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-07 23:35

Gémenos

最近、そんなに知られていない小さな町(住んでいる方々には失礼ですね・・・自分が知らないだけ・・・)にブラっと行ってみることにはまっています。
マルセイユからそんなに遠くないところ、日帰りで十分楽しめるところ。
そんなところが割と楽しかったりするんですよね。
山があって、川があって、馬がいて、丘の上から眺める景色だったり。
家の中でボーっとするのもいいですが、用もなく街中をブラブラするのもいいですが、ちょっと郊外に行き山の中の知らない町を歩くのもまた楽しいですね。
何か思いもよらない発見があったりしますし。
b0191284_23191121.jpg

b0191284_23273234.jpg

b0191284_23352543.jpg

b0191284_23412962.jpg

これはGémenosという小さな町の山の小道沿いに流れる小川。
癒されますね~。

こんな小旅行も悪くない。
[PR]
by montlivre76 | 2013-09-01 23:48

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

検索

最新の記事

アートもだいじ
at 2017-01-24 14:39
りゆうのひとつ
at 2017-01-11 14:06
0円キッチン
at 2017-01-10 13:43
新年!新しくはじめる年!
at 2017-01-08 01:28
ゆくとしくるとし
at 2016-12-29 14:44

ファン

画像一覧