あしやまとのアルル-マルセイユ


フランスの生活、フランス菓子の話。日々感じたことを気儘に綴ります。
by montlivre76
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たこさん!

今年も無事終わりました。フェット・ド・パニエ!
名前のとおりマルセイユのパニエ地区のお祭りです。
僕は今年で3回目の参加になります。
今年は、毎年6月にフランス全土いたるところで行われる音楽祭と日にちが重なっていました。
それでもものすごい人!
あ、何をしたか書いてませんね・・・。
パニエにあるたこ焼き屋さんTAKOSANのお手伝い。
何度かこのブログでも紹介していますが、今年もガトーを用意して一緒に並べてもらいました。
お店を立ち上げる時から知ってるので、何かあると声がかかってきます。
こちらもできる限りのことでもこたえたいと思いますしね。
お店の方もうまくいっているみたいで何よりです。

写真などあれば載せたいのですが、撮るひまなく忙しかったです。
たこ焼きを焼いて、焼いて、焼いて、、、
まあ、そのために行ったんですけど、疲れましたね~。心地よい疲れ。
いろんな友達にも出会え、フェットならではの楽しさもありました。
ガトーもほぼ完売。ありがとうございます。

少しづつですがマルセイユでも“たこやき”が知られてきているかな?
なんだか最近テレビの取材がどうこうという話もあるみたいなので、ますます忙しくなるんでしょうかね。

さて、来年もマルセイユにいれば、またお声がかかれば参加したいと思います!
[PR]
by montlivre76 | 2013-06-30 14:10

研修生。

フランスでパティシエになろうと思えばまずは学校に通うことになります。
たとえば他の仕事をしていた人もパティシエになりたいと思えば、学校に行きます。
日本だと製菓学校に行ってなくても直接現場に就職できることもありますが、フランスはどこに行ってもディプロムが必要になってきます。証明書みたいなものですね。そのため(?)にも学校に通わなければなりません。
僕もよく、ディプロムはあるのか?なんて聞かれますが、フランスのはないけど日本のはあるよ、なんて言えば納得してくれます。日本だとそんな会話ないですよね。製菓衛生師とったの?なんて。

学校は1年ですが、その間いろんな店で研修することが可能です。おそらく学校のプログラムに組み込まれているのでしょうけど、学校で基本的なこと、衛生学などの知識を学び、現場で実際に経験できる環境があるのはすごくいいですよね。
うちの店にもいろんな研修生が来ます。老若男女。
最初のころは、なんでこんなことわからないの?学校でやってないの?パティシエになりたいんでしょ?なんて思ってたわけです。彼らにそんなことを言っていたかもしれません。。。でも、こちらのスタージュのシステムがどんなものかわかってきた最近では、できなくて当たり前、なるべくいろんなことをさせてあげよう、なんて思うようになってきました。彼らに教えるのも僕の仕事ですもんね。もちろん、ダメなときはきちんと言ってあげないといけませんし、理由もきちんと説明する。そうすると彼らもちゃんと言う事を聞いてくれます。
もちろん、研修生によってもいろいろ違いますけどね。

今年、1年間のうち4カ月あるスタージュのプログラムをを全部うちの店でした人がいました。4週間づつ4回。
彼は最初のスタージュが終わるときに、みんなにボールペンをプレゼントしてくれました。
おそらく何かあるごとにみんなボールペンを探していたからなんでしょうけど・・・。誰も持ってないんですよね・・・。
そして2回目は小さいポーチ。3回目は缶バッチ。
そして最後の4回目はワイン!

こんなことしなくていいのに、なんて言いながらもやっぱりうれしいですよね。で、僕のだけみんなよりも大きくて、何かワインのことをいろいろ言ってくれていたのですがよくわからず、とりあえず、Merci!
家に帰ってそのワインのことを調べてみると、どうやらブラッド・ピッドとアンジェリーナ・ジョリーのシャトーのワインのようです。
b0191284_1402424.jpg


スターっジュって、お金かかりますね(笑)。
[PR]
by montlivre76 | 2013-06-19 14:16

卒業。

3年間一緒に働いたアプランティが昨日で辞めました。
僕が今の店に入ったすぐ後に彼も来て、そのすぐ後に僕と彼とシェフの3人だけの時期があって、とてもしんどかった思い出が・・・。
パティスリーの仕事を始め右も左もわからなかった15歳の少年が今はもう18歳になり、少しづつですが仕事もできるようになり、学校も卒業。そして新たなステージにうつっていきます。
次はレストランで働くのですが、正直なところまだレストランに行くのはちょっと・・・と思いますが、本人が行きたいんだからねぇ・・・。もうちょっとしっかりと技術や理論など他のシェフや先輩から教わって経験を積んでからの方がいいんですけどねぇ。レストランが悪いってわけではないんです。話を聞くと、彼が行くレストランのシェフパティシエがあと3カ月で辞めるそうです。で、彼がそのポストに就くわけですが、大丈夫かな・・・。

ちょっと行く先不安ですが、これも経験ですね。立派なパティシエに育ってほしいものです。
[PR]
by montlivre76 | 2013-06-09 13:30

La Cheminée

僕はホテルやレストランで働いた経験があるので、パティシエだけではなくキュイジニエの知り合いもいます。
独立した人や、シェフを任されてやってる人、まだ同じ場所で働いている人。
人それぞれ進む道は違いますが、みんなそれぞれの場所で頑張っています。
最近、と言っても、もう1年も前になりますが・・・、キュイジニエの先輩が自店をオープンされました。
僕がワーホリでフランスに来て、その後日本に戻った時に会ったきりそれ以来会っていません。
とてもアナログな人(失礼ですね・・・)で、その時にやっと携帯をもったとかどうとか話をしたのを思い出します。
とても気さくで面倒見が良くて男気にあふれている人。
そんな先輩がお店をオープンして1年。
食べログなどで写真を拝見するぐらいしか情報がないですが、いい料理作ってます。
これからが楽しみですね。

夢であり、目標であり、ゴールのようでスタートであり、でもそこに行きたくても行けない人もいたり。
そんな不安定で不確かな未来を夢見て僕たちは頑張っています。
そして、夢をかなえた先輩のお店。1周年おめでとうございます!
帰国の際はぜひ伺いたいと思います。その時僕は少しでも胸張って会えるようになってるかな?

La Cheminée(ラ シュミネ)
兵庫県神戸市東灘区岡本1-11-21 グレイス岡本ビル 2F
[PR]
by montlivre76 | 2013-06-02 18:41

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

検索

最新の記事

アートもだいじ
at 2017-01-24 14:39
りゆうのひとつ
at 2017-01-11 14:06
0円キッチン
at 2017-01-10 13:43
新年!新しくはじめる年!
at 2017-01-08 01:28
ゆくとしくるとし
at 2016-12-29 14:44

ファン

画像一覧