あしやまとのアルル-マルセイユ


フランスの生活、フランス菓子の話。日々感じたことを気儘に綴ります。
by montlivre76
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Titre de Séjour

思い返せば約半年前。
当時一番の不安要素でした、carte de séjourの申請。
学校に行けば誰か知ってる人がいるだろうと思っていたけど日本人が少なく、なにも情報がないままとりあえず行ってみようとプレフェクチュールに出向いたことを懐かしく思います。
今日で数えてみると5回目のプレフェクチュール。月1のペースですね。
でも、そんなこともとりあえずは今日で終わり。

マルセイユ(ブーシュ・デュ・ローヌ)のプレフェクチュールは水曜日はなぜか午後からしかやっていません。
正確にはséjourの申請場所とでも言うのでしょうか。
午前中仕事の僕にはありがたいことなんですけどね。
レセピセの期限が切れるので今日あたり行っておこうと思い向かいました。
相変わらず並んでいます…。でも、もうなれました。今日は少ないほうです。
僕の番になり受付の人にレセピセを渡し、いつものように写真も出すと、
「あなたのカード、受け取ってますよ!切手は持ってきた?」
「え、ほんとに?!持ってるもってる。」
何があってもいいようにと思い準備してきてよかったー。
半分くらいは期待してたんですけどね。
切手といっても収入印紙みたいなもんで、僕の場合340ユーロ、これって安くないですよね。

チケットをもらい上の階で待つことに。番号を見ると20人待ち。
もうなれたせいか、嬉しいあまり何も感じないのか、とにかく自分の番まで待てば念願のカードがもらえるとなると、嬉しすぎて待ち時間も苦になりません。
周りにもカードを手にして帰っている人がいます。自分もついにあのカードを・・・、と思っていると僕の番号が掲示板に。
言われるままに書類を渡し、サインもして、さあカードをというときに、
「この紙はあなたが持っておくものですよ。もう一枚の紙は無い?」
「え?家に置いてるけど…。」
確かに健康診断の紙を2枚もらって1枚は自分用、1枚はプレフェクチュール用と言われその1枚を持ってきたつもりだったのに…。今更取りに帰って、てことはなしですよ~と祈るような気持ちだったんですが、僕の担当の人、
「C'est pas grave.」
の一言。
すばらしい!なんていい言葉。フランスではよく使うし耳にします。
grave(重大、深刻)の否定形。たいしたことじゃないよって感じですかね。

そんなわけで無事に手にすることができたcarte de séjour。
半年かけてご対面。これって早いほうですか?
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-30 00:53

La Route Gourmande

マルセイユまたはBouches-du-Rhône(ブーシュ・デュ・ローヌ県)にお住まいの方でもご存じないのでは。
これはBouches-du-Rhôneのアルティザンのお店。
patissiers,chocolatiers,glaciers,confiseursの美味しいお店が載っている小冊子です。
もちろん僕が働くお店も載ってます。
いわゆるガイドブックですね。

フランスはこういった類のものがあまりありません。
日本だと、美味しいケーキやさん百選だとか美味しい大人のレストランなどなど(例えですよ)、いろんな情報があふれています。それはある意味すごくいいことだと僕は思いますけどね。
すぐにほしい情報が手に入るので。もちろんそれがすべてではないですが。
フランスは違います。たとえば同僚にアルザスのどこどこのパティスリーが、と話をしてもまず通じません。
よほどアルザスに精通のある人か、よほどの有名人でない限り知らないのが普通なんです。
もちろん年代にもよるでしょうけど。

そんなわけで、この小さな小さなガイドブックですが、とてもいいことだと思います。
特にマルセイユ新参者の僕にとって、ありがたい小冊子です。
日本ではパリの情報は手に入ってもマルセイユの情報は少ないですからね。(特にパティスリー)

最近久しぶりにこの小冊子を見てみると、マルセイユのお店は大体行ってました。あとはちょっと遠いところを2件ほど。(マルセイユは広い)
ということで、今後はちょっとマルセイユ近辺へ足を伸ばそうかと思ってます。
ちょうどCassis(カシ)のパティスリーから来た人と今一緒に働いていることですしね。

マルセイユまたはブーシュ・デュ・ローヌにお住まいでこのガイドブックに興味のある方、僕が働くお店にも置いてますのでお越しの際はぜひお土産にいかがですか?
http://www.routegourmande.cma13.fr/

ちなみにカシのお店も載ってます。
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-28 02:38

Villedieu

マルセイユにもいるんです、Meilleurs Ouvriers de France(M.O.F)いわゆる人間国宝みたいなもの。
そのお店は1925年から3世代にわたり続いています。
そして驚くことに3世代ともM.O.Fを取得しているのです。
そのお店の名前はVilledieu (ヴィルデュー)
pâtissier-chocolatier-traiteur-glacierと幅広くやってます。

このお店は友達(フランス人)から聞いたのですが、彼のおじいちゃんが大好きでよく買っていると言ってました。それくらい昔からなじみのあるお店なんでしょうね。
そんなお店がマルセイユにもあったのかということで行ってみました。

b0191284_23558.jpg
b0191284_24945.jpg
b0191284_251839.jpg
b0191284_274180.jpg
b0191284_283790.jpg

http://www.villedieu-traiteur.com/
とてもフランスを感じます。いいですね、好きですこんなお店。
そして最も興味をひかれたもの。
b0191284_2354835.jpg

Les pavé de La Canebière
ヌガーとプラリネをフォンダンでコーティング。甘いけどおいしい。

ちょっとおもしろいものに出会えて嬉しいです。マルセイユにもあるんですねこんなお店。
自分が知らないだけで、まだまだ良いお店はいっぱいあるんでしょうね。
マルセイユのみなさん、美味しいもの情報お待ちしてます!
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-27 02:40

初心

夏が終わり、マルセイユも秋の装いに様変わり。
早いもので、フランスに来てもうすぐ6カ月になろうとしてます。
その間しっかりと意味のある時間を過ごせてきたか?自分に問いかけます。

これまで特に大きな問題もなく順調に来てました。
仕事もすぐに見つかり、最初のホームステイから現在の住居に移る時も、職場の人間関係なども。
でも最近つまずいていることが。それはアパート探し。
なかなか思い通りにはいきません。
そのため、前に進めず足踏みしている状態に苛立ちを感じ、少なからず普段の精神状態ではなかったのかもしれません。
先日シェフに「ちょっと来て」と呼ばれ行ってみると、「大丈夫か?」と一言。
アパートの件は以前から話していたので知っています。
「仕事は何も問題はない、ただ、アパートが見つからない」
と伝えると、それはよくわかってるといった感じで、シェフも知り合いの不動産を当たってみると言ってくれました。ほんと、優しいシェフです。

そんな出来事もあり最近少し落ち込んでいたのですが、物は考えようですね。
僕は普段物事がうまくいかない時は〝自分が悪い″と思うようにしています。
そうすれば少し違った視点から見れてすっきりします。
何でアパートを貸してくれないんですか?なんで?何故?
不動産の人に対して不親切な人たちだと決めつけていましたが、そうではないんですね。
貸すことを躊躇する原因があるから、彼らも素直に良いですよとは言えませんよね。
どの不動産も給料が家賃の3倍は無いと貸せないと言います。そのことで何件の不動産に断られてきたことか…。どこに行っても結果は一緒、余計に落ち込みますよね。
でも、そんなものだからと開き直ることにしました!
とりあえず数を当たるしかない、と。僕の条件でも貸してくれるというところが見つかるまで。
あとは交友関係。知り合いからの紹介が一番スムーズに行くということがわかりました。
そう、僕にはまだこれが足りないんでしょうね。
最初の一カ月、知り合いを作らねば!と必死で動き回っていた自分を思い出しました。
初心わするべからず、ですね。

b0191284_6514774.jpg

僕の部屋から見た夕焼け。
些細な日常ですが、捉え方でまた違って見えたりしますよね。
次のアパートから見える景色はどんなでしょう?
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-24 06:59

Démonstration

先日、ヴァローナ(プロ向けのチョコレート会社)の講習会に職場のみんなと行ってきました。
場所はマルセイユの14区。初めて行く場所です。
仕事が終わり同僚の車に乗り込み急いで向かいます。

何といっても驚いたのがこの講習会、無料なんです!すばらしいですよね。もちろんプロの人、普段ヴァローナを使っているお店の人しか来れません。
こうやって、知識や技術を共有できる場所を無料で提供しているってすごいことですよね。とてもいいことだと思います。
講師はYann DUYTSCHE
・bonbon chocolat
・tablettes
・buche de noel
・gateau de voyage×2
といった内容。
ショコラあり、ムースあり、焼き物ありで充実してます。

おもしろかったのが、ゆずを使っているところ。
フランスではほとんどの人がゆずを知りません。最近はガトーに使われるようになってきましたがそれでもまだ知らない人はたくさんいます。今後、開拓されていくんでしょうね。
b0191284_13321959.jpg
b0191284_13362888.jpg
b0191284_13342588.jpg

3時間という短い時間だったけど、とても楽しかった。
一緒に行っていたアプランティ(見習い)とスタジエール(研修)は退屈だったみたいですが…。

マルセイユのパティスリーもレベルアップしていければいいですね。パリ、リヨンに負けないくらい!
そうすればもっとたくさんの人がマルセイユに来てくれるかな?
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-16 13:40

Communication

日本語でもそうですが、まともにフランス語を喋れない今、コミュニケーションってさらに難しいです。
そう感じた(そんなこといつもあるんですが)出来事を1つ。

以前知り合いの紹介で見に行った物件がありました。そこの人は
「もし気にいったなら直接家主と連絡取ってもらっていいよ。」
と言っていたので、そのほうが話が早いと思い連絡することに。
そこで一つ問題が…。
普段の会話もままならない僕なのに、電話となるとさらに聞き取りが難しく話になりません。
そこで知り合いのフランス語が喋れる日本人にお願いしました。
なぜ日本人なのか?それは細かいところまで日本語で伝えることができるからです。
それでお願いして電話をしてもらったところ、結果はNon!
僕が直接やりとりをしたわけではないので細かいことはわかりませんが、どうやら外国人だかららしいのです。
そう言われるとどうしようもないですよね。それであきらめてました。

数日前、語学学校で知り合った友達の家に行きました。
そこでアパートを探している話して、前こんなことがあったんだと伝えると彼女、
「それはおかしい!なんで?アジア人だから?そんなのおかしい!」
そんな彼女に説明するのも大変です…。
「たとえばフランス人と日本人、どっちにアパートを貸したいかって言えばフランス人のほうが簡単じゃない?」
と言えば少なからず納得したみたいですが、
「もしよければ連絡してもらうけど?」
と言ってくれた彼女のご主人はフランス人。
僕も気になっていたので電話をしてもらうことに。

そして連絡をしてくれたご主人が来て、
「3ヵ月のビザなの?」
と質問されました。何のことかわかりません。確かにレセピセは3ヵ月ですが…。
僕のビザは3年ということを伝え、職場も伝えまた連絡してもらいました。
とりあえず、家主の知り合いが借りたいということなのですぐには返事できないということで、一週間後くらいにもう一度連絡してということでした。

なんだかよくわかりませんよね。
結局、フランス人同士のほうがどっちにしても話が進むことはよくわかりましたね。
この件は期待せずにまた連絡することにします。

人任せだとやっぱり自分の意志が全部伝わらないので、余計にうまくいかないですよね。
そしてこの件で思ったこと、これからは電話も恐れずやっていこうと思いました。
これからまだ先フランス語の生活なので、結局自分ができないと意味ないですよね。
そう自分に言い聞かせ、今後もアパート探し頑張ります!(語学も…)
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-12 20:48

Bonne nouvelle!

嬉しい知らせが届きました。

以前マカロンを教えた彼女、先日引越しをしてもうマルセイユにはいないのですが、引越し先でもマカロンは作り続けているみたいです。その成果がこちら。
b0191284_13332243.jpg

上手に作れていて、教えた僕も嬉しい限りです!細かいことを言えば指摘部分はあるのですが、そんなことより最初に比べるとはるかに上達しています!
彼女は今Avignon(アビニョン)の近く、Châteaurenard (シャトーナー)という街にいます。
そこでカフェを始めるらしく、マカロンが作れるようになればすごくいいよね、と話していました。
もともとお菓子作りが大好きな彼女。
カフェがオープンしたら遊びに行きますね。でもどうやって行くんだろう…、結構田舎みたいです。

さて、嬉しい知らせは1つではありません!
マルセイユに来て5ヵ月、ずっと待っている物。そう、カルトセジュールです!
申請に行くたびに長い時間待たされ、半日がかりで行わなければならないこと。
今のレセピセが10月までなので、また行くことになるのかなぁと思っていたところに、前のホームステイ先のマダムから僕宛てに届いている手紙をうけとりました。
ふと見てみると、OFII(フランス移民局)と書いてある!やっと会えましたね、OFIIさん!
まだカードをもらったわけではないのでほっとするのはまだ先ですが、とりあえず一歩前進ですね。

何事もなくスムーズにいくことを祈ります…。
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-07 14:18

SYLVAIN DEPUICHAFFRAY

長かった…。

ここはフランス?それとも日本?
バカンスあけから2週間、休みなく働きました。
その理由は2つ。
まずはバカンス明けということでケーキが何もない状態。また、お店がリニューアルのため大掃除から始まりました。
そしてもう一つ、これが大きな理由です。
バカンス中、同僚が手術をしたのですが回復が遅れるため2週間は来れないということ。
それでもお店のオープンには間に合わせなければいけない。大忙しです。

普段は同僚と一緒に働いている僕は、シェフから直接指示があるということはそうありません。
いつも間に入っている人がいないのでこの2週間はシェフと常に一緒。
でもそのおかげでいろんな話ができましたけどね。過去の話。今後の展開など。
そういう意味ではいい機会だったのかもしれません。仕事の面も含めて。

さて、新しくなったブティックですが、かっこいいです。
今まではいわゆる普通のパティスリー(と言えば聞こえは悪いけどいい意味で)で、ショーケースも小さくケーキが入りきらなくて、1列に2種類並んでいる状態でした。
そこにサラダやサンドイッチも置いてあるので見た目も窮屈そうでした。
でもそんな話もバカンス前で終わり。
b0191284_17401693.jpg
b0191284_17413061.jpg

ケーキが1列にきれいに並んでいます!見ていて気持ちがいいですよね。こんな感覚は日本人だからでしょうか?
b0191284_17444314.jpg
b0191284_17454068.jpg

横一面に並んでいて、間に店員が入り、その手前でお客さんが選ぶといったシステムです。
b0191284_17463368.jpg

シェフ念願のアントルメグラッセ用の冷凍庫。今はまだ少ないですがこれから充実するはずです。

フランスのパティスリーってほとんどがヴィエノワズリー、トレトゥール、アントルメグラッセをやっています。
もちろんショコラも。
僕がお店をするならばそれらすべてを提供できるようなお店を作りたい。徹底的にフランスを表現して、そこに日本人である自分らしさを少しだけ加える。いいですよねぇ。(夢の話です)

お店のリニューアルを目の当たりにし、ますます自分でお店がしたくなりました。
そういう意味では、忙しかったけどいい経験になりました。

僕が働いているお店。僕のお気に入りのお店。SYLVAIN DEPUICHAFFRAY
マルセイユに住んでいる人、マルセイユに来られる人、ご来店お待ちしております。
[PR]
by montlivre76 | 2010-09-05 18:16

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..

検索

最新の記事

アートもだいじ
at 2017-01-24 14:39
りゆうのひとつ
at 2017-01-11 14:06
0円キッチン
at 2017-01-10 13:43
新年!新しくはじめる年!
at 2017-01-08 01:28
ゆくとしくるとし
at 2016-12-29 14:44

ファン

画像一覧